ネットで診察予約する

06-6327-0550

ニキビ・ニキビ痕

ニキビは毛穴が塞がることで発生する皮膚のトラブルです。ニキビの原因には以下の3つがあります。

・毛穴の出口が角化し、角層が厚くなって毛穴が詰まる
・過剰に皮脂が分泌される
・アクネ菌・ブドウ球菌の繁殖

体質的に角化異常が起こりやすい方は、ニキビもできやすいです。
また思春期に出る成長ホルモンや過労・ストレス・ホルモンバランスの崩れなどで皮脂分泌が過剰になりニキビができることもあります。皮脂が毛穴に詰まってしまうとアクネ菌やブドウ球菌が繁殖し、炎症の原因となるのです。
炎症が起こりやすくなる原因として、肌の新陳代謝が悪くなっていることがあげられます。この場合ニキビも長引きやすくなってしまいます。
ニキビが長引くと大変です。ニキビ痕(ニキビ跡)となって肌に跡が残ってしまいますし、治療する場合保険適応外になります。そのため、ニキビには早めの対処が必要です。
ニキビの状態によって適切な治療方法は異なります。

ニキビ悪化の経過

1.毛穴周辺の角化異常が起こる
毛穴周辺の角質が厚くなり、毛穴が詰まります。

2.皮脂が溜まる
コメド、白ニキビ、黒ニキビができる。

コメド
見た目には問題ないように見えますが、皮脂や角質が詰まっている状態です。ニキビの初期症状となります。

白ニキビ
詰まった毛穴の中に皮脂が溜まり、ぷっくりと盛り上がっている状態です。白っぽく見えます。

黒ニキビ
毛穴から皮脂が飛び出して、空気に触れて酸化している状態です。黒く変色しています。

3.菌による炎症
赤ニキビ、黄色ニキビ、紫ニキビができる。

赤ニキビ
「アクネ菌」という、皮脂を鉱物とする菌が繁殖し、炎症を起こして赤くなっている状態です。何もせず放置してしまうときれいに治りにくく、触ると痛みがあります。

黄色ニキビ
症状が悪化し、ブドウ球菌という菌が炎症を引き起こしている状態です。ニキビが大きく腫れてしまい、膿を持っています。膿疱とも呼ばれます。

紫ニキビ
毛穴の周りにまでダメージが及んで,極限まで炎症が悪化している状態です。広い範囲に渡って皮脂の表面が赤紫から黒紫色になります。固くごわついていることが多いです。

4.ニキビ痕ができる
ニキビ痕
ニキビが治った後に、痕が残ってしまっている状態です。色素が沈着して赤みや茶色っぽく残ります。また炎症が皮膚の奥まで達してしまうと、クレーター状の跡が残ります。

ニキビ

ニキビとは、毛穴の詰まりが原因で起こる皮膚のトラブルです。放置すると跡が残ることもあります。

シミ・痣(あざ)

シミは皮膚内で生成される色素が沈着したものです。痣は一部の皮膚の色が青等に変色したものです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、激しいかゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。

赤ら顔
毛細血管拡張

僅かな人一倍顔が赤くなる、もしくは常に顔が赤い状態を赤ら顔と呼びます。毛細血管の拡張が原因です。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、頭に円形や楕円形の脱毛部分が生じる自己免疫疾患の1つです。

白斑・乾癬

白斑は皮膚の一部が白く抜け落ちる病気です。乾癬は皮膚が剥がれる等の症状がある慢性の皮膚病です。

虫刺され
帯状疱疹

虫刺されは昆虫に接触する等が原因で生じる皮膚炎です。帯状疱疹は水膨れが帯の様に表れる病気です。

やけど・日焼け

やけどは熱源に皮膚等が接触して起こる外傷です。日焼けとは紫外線を浴びることで起こる炎症です。

いぼ

いぼとは皮膚にできる、突起した小さなできものです。ほとんどのいぼは痛みを伴いません。

ほくろ

ほくろとは主に、メラニン色素を含む細胞が高い密度で集合してできた色素性母斑という良性の腫瘍です。

うおのめ・たこ
陥入爪・巻き爪

うおのめやたこは足等に圧力がかかり発症。陥入爪や巻き爪は爪が皮膚に食い込む、巻き込むことです。

水虫

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。

ドクターズ
コスメ

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。