ネットで診察予約する

06-6327-0550

シミ・痣

シミはメラニンという、皮膚内で作られる色素が沈着したものです。
一般的には紫外線を浴びた時、ダメージから肌を守るためにメラニン色素が作られ、肌細胞に沈着することによってできる「日光黒子(老人性色素斑)」のことを指します。そばかすや、ホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑」というシミも存在します。

痣とは、一部の皮膚の色が赤や青などに変色し、周りの皮膚の色と違って見えるものです。色素の沈着や、皮膚の内出血、血管の増殖によって起こります。
先天性のものを母斑、後天性のものを紫斑といいます。

シミや痣の原因は様々です。遺伝や生まれつき、ストレスや誤った肌のケア、加齢など原因がはっきりしないものもあります。
できる場所や色、形によってシミや痣の種類は異なり、治療も多岐に渡ります。
自己判断によるケアを続けると悪化させてしまうこともあります。保険適応で治療できるものもありますので皮膚科で診断を受け、適切な治療を行うことが大切です。

シミの種類

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
青色・灰色・褐色の斑点を左右対称に呈する顔面色素斑です。20代以降に初発します。
両頬に現れることが最も多く、まぶたや目尻、額や鼻などにも現れます。皮膚の深いところに色を作る色素細胞が存在するため、痣の一種ともいわれています。
皮膚のどの深さにメラニン色素が存在しているかによって見える色が異なることと、シミ・そばかす・肝斑と混在していること多いことからADMの判別が非常に難しい場合もあります。
シミは一般的にメラニン色素が表皮に存在していますが、ADMは皮膚の深いところにあるため、一般的なシミよりも治りにくい傾向があります。

太田母斑
日本人に多いシミとされています。額、目の周辺、頬などにある茶褐色から青色の痣です。
生まれつきあり、生後間もなく現れるものと思春期ごろに現れるものがあります。片側にできることがほとんどですが、稀に両側にできることもあります。
目の下のクマが実は太田母斑だった、というケースもあります。
太田母斑はADMと同じく皮膚の深いところに色を作る色素細胞が存在するため、痣の一種ともいわれています。

異所性蒙古斑
異所性蒙古斑とは「蒙古斑」が通常とは異なる部位に現れている場合の呼称です。
蒙古斑は生後一週間から一か月頃までにお尻や背中の下部にみられる青いシミ(痣)です。異所性蒙古斑は背部、は腹部、上司、菓子、顔面など様々な部位にできます。
一般的な蒙古斑、異所性蒙古斑に関わらず通常は5、6歳頃までに自然に消失します。
胎生期の真皮メラノサイトの残存と考えられており、日本人にほぼ100%の確率でみられます。
稀に5、6歳を過ぎても残る場合もあります。とはいえ大半は成人までに消えるため放置していても問題ありませんが、衣服で隠れないところにあるなどの理由がある場合治療を行うケースが多いです。また色素が濃いものや広範囲のものは成人しても残る場合があり、治療するケースがあります。保険診療で治療が可能です。

扁平母斑(茶あざ)
茶あざとは茶色の色素斑で、体の様々な部位にできます。表皮にメラニン色素が多いために茶色く見えます。大きさは数ミリから数十センチと大きいものまで様々です。
生まれつきみられるものがほとんどですが、思春期以降に現れるものもあります。
ミルクコーヒーのような色合いからカフェオレ斑とも呼ばれます。他に扁平母斑、ベッカー母斑があります。ベッカー母斑は思春期以降に肩にできる、毛が生えているものを指します。
保険診療で治療が可能です。

単純性血管腫(赤あざ、ポートワイン母斑)
肌表面近くの毛細血管が広がる病気を指します。先天性のものが多く、自然に消えないと言われています。ただし体の中心にあるものは薄くなります。成人すると色が濃くなったり、盛り上がったり、デコボコする場合もあります。

脂漏性角化症(ふくらんだシミ)
老人性疣贅ともいわれている、皮膚両性の腫瘍の1つです。手のひらと足の裏以外の全身どこにでも現れる、表皮がいぼ状にふくらんだものです。顔、頭、背部がとくに多いです。
大きさは大小様々で、色は褐色調になります。とはいえ健康な皮膚に近いものから黒色調のものまであります。ザラザラとした感触です。
年配の方に多い老人性色素斑が進行するタイプと、2、30代にもみられる、体質で現れるタイプがあります。
保険診療で治療が可能です。

ニキビ

ニキビとは、毛穴の詰まりが原因で起こる皮膚のトラブルです。放置すると跡が残ることもあります。

シミ・痣(あざ)

シミは皮膚内で生成される色素が沈着したものです。痣は一部の皮膚の色が青等に変色したものです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、激しいかゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。

赤ら顔
毛細血管拡張

僅かな人一倍顔が赤くなる、もしくは常に顔が赤い状態を赤ら顔と呼びます。毛細血管の拡張が原因です。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、頭に円形や楕円形の脱毛部分が生じる自己免疫疾患の1つです。

白斑・乾癬

白斑は皮膚の一部が白く抜け落ちる病気です。乾癬は皮膚が剥がれる等の症状がある慢性の皮膚病です。

虫刺され
帯状疱疹

虫刺されは昆虫に接触する等が原因で生じる皮膚炎です。帯状疱疹は水膨れが帯の様に表れる病気です。

やけど・日焼け

やけどは熱源に皮膚等が接触して起こる外傷です。日焼けとは紫外線を浴びることで起こる炎症です。

いぼ

いぼとは皮膚にできる、突起した小さなできものです。ほとんどのいぼは痛みを伴いません。

ほくろ

ほくろとは主に、メラニン色素を含む細胞が高い密度で集合してできた色素性母斑という良性の腫瘍です。

うおのめ・たこ
陥入爪・巻き爪

うおのめやたこは足等に圧力がかかり発症。陥入爪や巻き爪は爪が皮膚に食い込む、巻き込むことです。

水虫

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。

ドクターズ
コスメ

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。