ネットで診察予約する

06-6327-0550

うおのめ・たこ

うおのめやたこは足裏等の特定の場所に慢性的な圧力がかかって発症します。
うおのめは肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなったものです。芯を持っており、歩くたびに痛みを伴います。
たこは皮膚の表面の角質が部分的に厚くなる病気です。刺激を受けた辺り全体の皮膚が少し黄色味を帯び、硬くなって盛り上がります。痛みはありません。うおのめと違って例えばペンだこなど、生活習慣によって全身のあちこちにできます。
うおのめと間違えやすいのが「足底疣贅」といういぼです。足底疣贅はウイルス性の腫瘍なので知らずに削って広がってしまうこともあり、治療が必要です。そのため足底疣贅か確かめるためにもうおのめのようなものを足に見つけた際は皮膚科に行ってください。

陥入爪・巻き爪

陥入爪とは、爪の端が曲がって皮膚に食い込んでいる状態のものをいいます。深爪や足に合わない靴を履くことで、爪の両端が継続して圧迫されることで起こります。炎症・感染・肉芽形成を伴い痛みがあります。
巻き爪は爪の側縁が内側に巻き込んだ状態のものをいいます。爪を継続して短く切り続けたり、ハイヒールやパンプス等足に合わない靴を履き続けたりしていることで圧迫されて起こります。体質的な要因も大きく関わります。痛みを伴う場合もあり、陥入爪の原因ともなり得ます。
巻き爪も陥入爪もつま先に痛みがあるため歩行に制限が出るなど、日常生活に大きく支障をきたすこともあります。また痛みから逃れるためつま先をかばうことで体の他の部分に負担がかかって、膝関節や腰痛を引き起こすこともあります。

ニキビ

ニキビとは、毛穴の詰まりが原因で起こる皮膚のトラブルです。放置すると跡が残ることもあります。

シミ・痣(あざ)

シミは皮膚内で生成される色素が沈着したものです。痣は一部の皮膚の色が青等に変色したものです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、激しいかゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。

赤ら顔
毛細血管拡張

僅かな人一倍顔が赤くなる、もしくは常に顔が赤い状態を赤ら顔と呼びます。毛細血管の拡張が原因です。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、頭に円形や楕円形の脱毛部分が生じる自己免疫疾患の1つです。

白斑・乾癬

白斑は皮膚の一部が白く抜け落ちる病気です。乾癬は皮膚が剥がれる等の症状がある慢性の皮膚病です。

虫刺され
帯状疱疹

虫刺されは昆虫に接触する等が原因で生じる皮膚炎です。帯状疱疹は水膨れが帯の様に表れる病気です。

やけど・日焼け

やけどは熱源に皮膚等が接触して起こる外傷です。日焼けとは紫外線を浴びることで起こる炎症です。

いぼ

いぼとは皮膚にできる、突起した小さなできものです。ほとんどのいぼは痛みを伴いません。

ほくろ

ほくろとは主に、メラニン色素を含む細胞が高い密度で集合してできた色素性母斑という良性の腫瘍です。

うおのめ・たこ
陥入爪・巻き爪

うおのめやたこは足等に圧力がかかり発症。陥入爪や巻き爪は爪が皮膚に食い込む、巻き込むことです。

水虫

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。

ドクターズ
コスメ

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。