ネットで診察予約する

06-6327-0550

水虫

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。
感染部位は様々で、部位によって足白癬、爪白泉、体部白癬、股部白癬と呼び方が異なります。水虫の9割近くは足白癬で(靴を履くことで足が蒸れ、菌に好まれる高温多湿な環境ができてしまうため)、足の指の間、指の付け根や足裏、ふち、かかとに症状が現れます。また感染経路として、ジムや浴室マットなどがよく上げられます。保菌者の踏んだものを後から踏み、感染してしまうケースです。
菌がついた場合、皮膚に定着するまでに24時間以上を要します。そのため外で入浴した際は自宅で足を拭くことで予防ができます。また家族に保菌者がいればマットやスリッパを別にすることで感染を防ぐことができます。

白癬菌は蛋白(ケラチン)を栄養源に生きています。ケラチンは体部や股部など様々な場所で多く存在しているため、そういった場所には白癬菌も感染しやすいです。感染した白癬菌は皮膚の表面に病変を作ってしまうのです。
水虫だと疑わしい場合には、白癬菌が寄生していると思われる部分をハサミやメスで切り取って、顕微鏡で観察するという検査を行い、診断します。

水虫の症状は以下の通りです。
・皮膚がふやけて皮がむけ、むず痒さを覚える。
・ジュクジュクとただれる
・乾燥し、皮が薄く剥けて赤くなったり、皮膚に亀裂が入ったりする
・指の付け根、足の裏やフチにできた場合
 水ぶくれができる。症状が進行すると大きくなったり赤く膨れ上がったりし、ひどいかゆみに襲われる。
・足裏全体やかかとにできた場合
 目立った症状はないことが多いが、カサカサと粉をふいたような状態になる。
・爪にできた場合
 爪が白色や褐色に濁る。もろくなり、爪が崩れやすくなる。

ニキビ

ニキビとは、毛穴の詰まりが原因で起こる皮膚のトラブルです。放置すると跡が残ることもあります。

シミ・痣(あざ)

シミは皮膚内で生成される色素が沈着したものです。痣は一部の皮膚の色が青等に変色したものです。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、激しいかゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。

赤ら顔
毛細血管拡張

僅かな人一倍顔が赤くなる、もしくは常に顔が赤い状態を赤ら顔と呼びます。毛細血管の拡張が原因です。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、頭に円形や楕円形の脱毛部分が生じる自己免疫疾患の1つです。

白斑・乾癬

白斑は皮膚の一部が白く抜け落ちる病気です。乾癬は皮膚が剥がれる等の症状がある慢性の皮膚病です。

虫刺され
帯状疱疹

虫刺されは昆虫に接触する等が原因で生じる皮膚炎です。帯状疱疹は水膨れが帯の様に表れる病気です。

やけど・日焼け

やけどは熱源に皮膚等が接触して起こる外傷です。日焼けとは紫外線を浴びることで起こる炎症です。

いぼ

いぼとは皮膚にできる、突起した小さなできものです。ほとんどのいぼは痛みを伴いません。

ほくろ

ほくろとは主に、メラニン色素を含む細胞が高い密度で集合してできた色素性母斑という良性の腫瘍です。

うおのめ・たこ
陥入爪・巻き爪

うおのめやたこは足等に圧力がかかり発症。陥入爪や巻き爪は爪が皮膚に食い込む、巻き込むことです。

水虫

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。

ドクターズ
コスメ

水虫とは、白癬菌というカビ(真菌)の一種が、皮膚の角質層に感染することが原因で起こる病気です。